HOME > 白髪染めの種類 > 薬液を混ぜるタイプ

手間はかかりますが、即効性は◎

薬液を混ぜるタイプは、1液と2液の2種類を直前に混ぜることによって化学反応で髪の毛を染める効果があります。というわけで、直前に混ぜる必要があり、逆に言うと、例えば多く出し過ぎても、取っておくことはできません。
即効性にかけては、他のどのタイプよりも優れていますので、今すぐ白髪をしっかり染めたい!という方には最適です。お肌が弱い方には、かぶれや痒みと言ったことも考えられますので、対策が必要。これは次の章でお話しましょう。

使う前に準備と確認を。

使う前には、しっかりと使い方を読み、準備が必要です。
まず、一番気を付けたいことは、他の場所やお肌に付く事です。お肌に付いた場合、お肌が弱い人は赤くなったり、かぶれて痒くなったりすることもあります。また他の場所は衣服につくと落ちない可能性もありますので、汚れても良い服装で、周囲には新聞紙を敷いたり、額の生え際などにはヴァセリンなどを塗っておくなどの対策が必要です。使う前にパッチテストをすると安心です。

しっかり髪のダメージ対策を

お肌への影響も心配されますが、まずは髪のダメージもしっかりケアしておくことが大切です。薬液の中には、脱色をする成分と染毛の成分が含まれていますので、髪へのダメージは必ずあります。
髪へのダメージを最小限にするためには、まず、薬液をしっかり洗い流すこと、その他にヘアケア製品を使ってしっかりダメージ補修をする、更に髪に効果がある食べ物をとって体の中からもヘアケアして、白髪を染めても健康な髪でいたいものですね。

このページのトップに戻る