HOME > 白髪染めの種類 > 粉タイプ

部分染めにも全体染めにも○

粉タイプの白髪染めは、種類は少ないく、少数派ですが、使われています。
粉ですので、使う際は水に溶いて使うことになります。水に溶いて、白髪の部分に付けるので、少量の白髪染めにも良いですし、長い髪の毛でボリュームのある染毛にも向いています。
ハケで塗ってしばらく放置して、あとはシャンプーとコンディショナーで洗い上げます。現在主流の液剤を混ぜて使うタイプよりも刺激は少ないので、お肌が弱い方にはおススメです。

昔からあります。

粉タイプは、実は他の白髪染めに比べるとはるかに歴史があります。白髪染めの大手、ビゲンの白髪染めも、元々はこの粉タイプから始まりました。こちらは、クリームタイプやトリートメントタイプと言ったものが登場している最近でも根強い人気です。昔から愛用している人には、このタイプが使いやすいようです。
この粉タイプは、アンモニアを含んでいませんので、刺激がなく、体に優しいイメージです。粉状ですので、保管もし易く、扱いが簡単な事も人気の理由の一つと言えます。

粉タイプってあんまりイメージではありませんが

ドラッグストアに行っても、なかなか粉タイプは御みかけしませんが、実は、白髪染めの先駆けでロングセラーなんですね〜。
最近では、有名美人女優さんもCMに出たりなんかして、白髪染めは、かなり市民権を得ているようでしたが、いやはや、白髪染め、侮ることなかれ、実はかなり歴史があるんですね。
髪も傷めず、部分染めもできるし、案外実用性が高いことがよく分かりました。こちらも髪色で選べるので、興味がある方は、是非お試しあれです。

このページのトップに戻る