HOME > 自分で染めるのに役立つ豆知識 > 上手に染めるコツ

丁寧に染めるにはブロック分けを

自分の髪を自分で上手に染めるには、やはり少しずつを丁寧に塗るのが良いでしょう。
最近では、コーム付きのヘアカラーがありますので、以前よりずっと簡単にはなりましたが、それでも高等部や頭頂部は難しいものです。まず始めに、ヘアクリップなどで髪の毛をブロック分けしておくとスムーズに薬液を塗ることが出来、おススメです。1ブロックずつ丁寧に塗った後は、仕上げ塗りをして更にシャワーキャップをかぶれば、キレイな仕上がりになりますよ。

仕上げのすすぎは十分に行う。

薬液は出来るだけ髪に残しておいた方が、色が長持ちするのでは?と思ったら大間違いです。薬液は、必ずしっかり洗い流すことが大切です。すすぎが十分でないと、仕上がりにも、髪のダメージにもつながってしまいます。
仕上げのすすぎは、ヘアカラーの色が水に出なくなるまでしっかり行いましょう。その後、トリートメントや、コンディショナーなどのヘアケアもしておくと◎ですよ。

トリートメントタイプでなければ、髪の補修もお忘れなく。

薬剤が浸透していますので、髪は多少なりともダメージを受けています。最近のヘアカラーは、以前に比べるとずっと髪に優しいものになっていますが、それでも髪の組織を壊して薬剤を入れていますので、出来るだけ、元の健やかな美しい髪の毛にしてあげましょう。
せっかく髪の色に満足しても、髪がパサついたり、痛んでいる状態では本末転倒です。しっかりと髪をいたわってあげることで、気持ちの良い毎日を過ごしたいものですね。

このページのトップに戻る