HOME > 目的別に白髪染めを選ぶ > 染まりやすさで白髪染めを選ぶ

染まりやすさで白髪染めを選ぶ

白髪染め用のトリートメントは染まりにくい!
という声をけっこう耳にします。
白髪染め用のトリートメントは、一週間に一回程度、トリートメントとして使用し、髪を傷めず美しく健康に保ちながら白髪を染めていく白髪染めです。
一回でしっかり染まらない場合もあります。
しかし市販の白髪染めのように髪がパサパサになったり、どんどん髪が傷んでいってしまうということがありませんそれが白髪染め用トリートメントが人気の理由です。
その白髪染め用トリートメントの中で、もっとも染まりやすい商品はどれでしょう?
当サイトでは、4つの人気白髪染めトリートメントを実際に使って、それが染まりやすいか検証しております。あくまで当サイト調べの評価となりますが、下記の表をご覧ください。

商品名 1本当たり/初回価格 染まりやすさ 使い心地 カラー種類

ルプルプ白髪用へアカラートリートメント
1.980円 ★★★★★ 3色

煌髪(きらり)
3,240円 ★★★★★ 3色

利尻ヘアカラートリートメント
2,160円 ★★★★ 4色

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォーム
3,694円 ★★★★ 2色

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー
3,600円 ★★★ 4色

ピュアリッチパーフェクト
2,700円 ★★★ 2色

一番染まりやすいのはコレ!

上の表をみていただければ、わかりますが、一回で一番染まりやすいと感じたのは、 ルプルプ白髪用へアカラートリートメント でした。ルプルプは、ph値が高いのでやはり染まり具合もしっかり!という感じです。
次に染まりやすいと感じたのは、 煌髪(きらり)でした。染まりやすさはもちろんですが、染めた後、まるでトリートメントをしたかのような滑らかさなので髪を傷めずに染められます。
あくまで編集部調べの染まりやすさで、個人差はありますが、ぜひ参考にしてみてください。

このページのトップに戻る